バックインバック

収納

バックインバックが苦手でも大丈夫!使いやすいバックインバックとは?


バックインバックはお使いでしょうか?
バックの中に小さなポーチを入れて、お財布やスマホ・定期や鍵などを管理する方法です。

バックインバックを使うことで、バックの中でお財布や鍵が行方不明になるのを防ぐことができます。

大きなバックをお使いの方にはピッタリなアイテムですね。

ですが、このバックインバックが上手に使いこなせない!という方が多くいらっしゃいます。

バックインバックが使いこなせない理由


「出かける時はバックインバックにお財布が入っているけど、
家に帰る頃にはバックインバックが空っぽの状態・・・」



そんな経験はありませんか?


なぜそのような現象になるとかいうと、
出す時より戻す時の方が面倒だから!!です。


バックインバックに限らずお片づけ全般に言えることですが、
出すときは使いたいので少々面倒な方法でも出すことができます。

使いやすいバックインバックのポイント


戻すのが面倒で戻せないのであれば、戻しやすさを重視したバックインバックを使用するのはどうでしょうか?


マチがあって自立するタイプが断然使いやすいです。


というわけで、大容量のバックであればあるほど、中身に仕切りをつけないと、物が迷子になりますので、戻しやすい形状の仕切りを作りましょう!


毎日、カバンをゴソゴソやっているあなた!!


あなたの戻しやすさに合ったバックインバックで、スッキリ・スムーズ・迷わない日常を手に入れませんか?

Raccaライフオーガナイズサービス
ライフオーガナイザー®️関口晶子

関連記事

  1. 突っ張り棚

    収納

    【突っ張り棚活用術】デッドスペースを有効活用して、収納を2倍使う方法

    面積は狭いけど高さに余裕はある。そんな収納エリアはありませんか?この…

最近の記事

  1. テーマカラー
PAGE TOP